地震の予知ができれば被害を食い止めることが可能

未然に防ぐことの大切さ

災害

地震と津波から身を守るためには、予想を活用して避難に役立てることがポイントとなります。避難経路の事前計画でスムーズに移動できます。津波は陸・海洋プレートの跳ね返りが原因となります。地震発生直後に襲われるわけではないため、到達時間の予想と安全な避難が可能です。

揺れを事前に察知する

グラフ

地震の揺れをできるだけ早く察知することで、その後の行動をスムーズに行うことができます。地震予測をして知らせてくれるアプリなら、テレビやラジオが身近にない時でも地震予測を知らせてくれるためとても便利です。正しい情報を得るためにも、定期的にアップデートを心がけましょう。

被害を防ぐためには

積み木

私たちの暮らしを脅かす地震は、予報を元に準備しておくことで被害を最小限に抑えることが可能です。気象庁から発表されている地震予報を確認したり、メルマガなどの最新情報の受信、さらには防災グッズの準備などで早めに対策しておきましょう。

安全な避難が実現する

ファミリー

被害を抑える震度の理解

巨大地震がいつ発生してもおかしくない日本では、予知に関する研究と技術が急速に発展しています。これまでの予知はうわさ話のようなレベルでしたが、研究がより現実的なものとなり、科学的根拠が示されるまでに至っているのです。地震の強さは主に震度の階級とマグニチュードで表現され、数字が高くなると被災の危険度も上昇します。ただし、火災や倒壊と津波のように、危険は異なる要素も加わるため、知識として押さえておくことも重要です。震源地・震度階級の予知によって災害予測が実現し、安全な避難につなげる仕組みが完成しつつあります。地震発生時には気象庁から震源地が公表され、地図や地域名とともに示す数字が震度階級です。ニュースで発表されない震度階級0をはじめとして、1から4までは比較的遭遇しやすくなっています。屋内であれば1または2から気がつくようになり、3と4は多くの人が危険を感じ始める震度階級です。3または4の場合は被害の心配が少ないといえますが、震源地が離れているときは津波に注意するべきでしょう。その時点で地震予知の効力は十分に発揮されますので、海岸に近い場所では予知サービスの導入が望ましいといえます。5と6はそれぞれ「弱・強」で分かれ、7は甚大な被害が発生する巨大地震のレベルです。「火災・倒壊・津波」すべての危険にさらされますが、地震予知サービスの利用で避難成功の可能性がアップします。近年は直下型地震の危険性が高まっているため、予知サービスの導入を検討するべき時期に入っているのです。